住宅ローン審査通らない

住宅ローンの返済期間

住宅ローン審査に通らないということで困っている人も結構多いのかもしれません。特に今は審査が厳しくなっているとも聞いているので、なおさら住宅ローン審査に通らない人が増えているという可能性もあります。では、何故審査に通らないのか。色々な理由があるでしょうが、ここではその一部の理由について記してみます。先ず、借り入れをしている。もしくは借り入れ額が多い。当然ですが、こういうことがあると不利なので出来るだけ返しておいた方がいいです。

 クレジットカードのリボ払いなども出来るだけ残高を減らし、審査前の利用は止めた方が無難です。それから、勤続年数。一般的には3年以上だと通り易いと考えられていますが、今は1年以上でも審査に不都合ないというところもありますので、勤続年数が短い場合は、そういうところを探した方がいいかもしれません。更に、過去一定年数期間内に金融事故を起こしている場合は、それが信用調査情報に記されているので審査には通り難いです。この事故情報は一定年数経過と共に削除されるので生涯、無理ということはありませんが、登録されているうちはとても不利になります。また、A社で通らなくてもB社では通るということもあります。

他にも住宅ローン審査に通らない理由として、年収が低い、正社員じゃないなどということを直ぐに思いつくかもしれませんが、金融機関に調査したところによると、それよりももっと大きな要素があるらしいです。住宅ローン審査に通らない理由というか、審査で重要視される項目の上位は、借入時の年齢、完済予定時の年齢、返済負担率などが来るそうです。当然、借入時や完済時の年齢が高いほど不利です。特定の住宅ローンだと、親の返済を子が引き継げるということになるので、そういう商品だと年齢が高くても借りられると思います。

 あと、借り換えの審査などの場合は、物件が理由で断られる可能性もあります。その理由というのも色々ですが、例えば金融機関の融資対象が限定されている場合。市街化区域だけに融資するということだと市街化調整区域に家があると融資を受けられません。また、建蔽率や建築に違法性がないのかということもチェックしましょう。申し込んだ時には審査に通っても、後から何か問題があると分かると金利が高くなったり、借り換え出来なくなるというようなことになる可能性もありますので、気をつけてほしいと思います。尚、当然ですが借り入れがあると不利なので、ある人はなるべく返しておいた方がいいです。

住宅ローン審査
Copyright (C) 住宅ローン審査に通らなかった All Rights Reserved